ハイエンド録音もどき(あきらめそうなノイズ) 2009年10月

 

LPレコードは、取り扱いの不注意から、取り返しのつかない大きな傷がつくことがある。ここで上げる例は、アセトンやエーテルを溶剤とする接着剤、ビニール袋の封でよく用いられる。これが古くなると、乾燥して粉末状になることがある。粉末状になった接着税がレコードに落ちると、レコードを溶かして、引っかき傷とは比べ物にならないような大きな傷を作ることがある。

 

これらの傷は、修復不能に近いが諦めずにトライすると意外と簡単に除去できることがある。

 

大傷

 

この波形は、以下のようになっている。

 

 

幅が30ミリ秒程度のおおきな雑音が周期的には入る。とても聴けたものではない。

 

ここは、覚悟を決めて手で取り除いていく。100ミリ秒(0.1秒)以内であれば、丁寧にカットしていけば、かなり取り除くことができる。勿論、1日がかりの作業になる。

 

修正後

 

同じレコードが入手できればよいが、まず不可能と思ったほうがよい。チャレンジする価値は十分にある。

 

修正したことがわかっているから、なんとなく不自然な音とびに聞こえるかもしれない。意識していなければ、まず分からないであろう。また、全曲通して、何の予備知識もなく、全曲通して聴けば、まず気づかないだろう。気付く人はよっぽど耳がよい。

 

 

次へ                    Top