I-131

 

世の中には、臨界量を暗算で出す人もいて、私なぞ及びもつかないが、そういうスーパーマンも死に絶えそうである。また、そんなことは原子力村の住人にも至難の技だろう。少しレベルはおちるが、それでも重要なわりに簡単に求められるものはたくさんある。腕に覚えのある方は、九九だけでガドリニウムの自己遮蔽効果の算出とか紹介していただければありがたい。

 

10年以上前であれば、基礎データが入手できないので、一般人には無理です、ですまされたが、最近のネットは凄くて、キーワードの欠片で一般人には入手できないはずのデータや資料が山のように手に入る。私も過激な反原発派だが、情報の山に流されて虎ノ門の前でデモするヒマなんかない。一般人にはわからないから、と高をくくっているととんでもないしっぺ返しをくう。

 

反原発デモも結構なことだが、これを見ていると、日露戦争ポーツマス条約締結時の大規模デモを思う。日露戦争時には前線では兵力が枯渇して、その結果、“屈辱的“講和条件となった。しかし、現実には。これだけの屈強な壮丁がデモする人的余裕があった。

 

今回は、福島第一では被曝限度に達した作業員が多く、一人でも未被曝の作業員が欲しいところである。デモする暇があるなら、福島第一でも行って、反対の原因となっている原発事故を収めてみてはどうかと思う。

 

しかし、日露戦争のときも、戦争は、すでに高度な組織活動で、単に腕力が強くて空元気だけの脳みそ筋肉人間を集めてどうなるものでもないことがわかっていた。原発作業も同じで、汚染区域の作業員には、放射線等の基礎知識を教育し試験に合格させないと作業できない。失礼な言い方ではあるが、文字の読み書きも怪しそうな流れの労務者に見える人も、東大博士課程を出た原子力の専門家も同じである。東大の先生であるから免除ということはない。せめて九九くらいはできないと、無理なのである。こんなことで、脱原発など夢のまた夢と思うのだが。

 

本題にもどろう。沃素131とセシウム137については、非常に有名になってしまった。最近では、セシウム134まで話題になっている。セシウム134が日常の話題になるとは、日本も異常に高度な社会になってしまった。専門家でも、これまであまり気にしていなかった放射性同位元素であろう。

 

これらは、核分裂片とか核分裂生成物と言われていて、原子炉でどの程度生成されるかを知るには、非常に難しい原子炉理論や原子核物理の知識と高度な計算技術が必要である。ただし、物によっては、驚くほど簡単に求まるものもある。沃素131とセシウム137は、非常に重要な放射性同位元素であるが、重要なわりには非常に簡単に求めることができる。

 

原子力は人類に制御できない悪魔の技術と言う人は、この程度の計算ができてから言って欲しい。原子炉で生成される沃素131の量を求めるには高度な数学的手法が必要といいたい。そのとおりである。乗除算、すなわち九九ができなければ不可能である。足し算と引き算だけではできない。九九ができない人にとっては、原子力は制御できない悪魔の技術である。

 

原子炉は、1年程度は連続運転するので、沃素131の放射能は原子炉の出力に比例する。したがって、出力がわかれば、

 

沃素131の放射能[ベクレル]電気出力[100万KW]

 

の式で求めることができる。係数の由来例は、ここを見てもらいたい。

 

例えば、電気出力が100KWの原子炉であれば、

 

1[100KW]=  [ベクレル]

 

となる。昔の放射能の単位であるキュリーは[ベクレル]であるから、おおよそ1億キュリーと覚えておけばよい。運転中事故をおこした1号機(1F-1)、2号機(1F-2)、3号機(1F-3)の電気出力は、それぞれ40万、80万、80KWで合計すると、200万KWであるから、停止直後にはベクレルの沃素131が生成されていたことになる。

 

42日か3日に時事通信が、千葉県柏市で事故直後10京ベクレルの沃素131が放出されていた、といった誤報を流したことが問題になった。時事通信は、すぐ訂正記事を出したようだが、駟も舌に及ばず。悪乗り連中が妄想を流したり、舞い上がったエセ反原発集団が、誤報と知って開き直ったりしているようだ。時事通信の記者も、このサイトに書かれていること程度のことを知っていれば、柏市で10京ベクレル(10の17乗ベクレル)などありえない。浪江や楢葉はどうなるのだ。だから、何かの間違いであることが判るはずである。また、そうでない人に、そんな記事など書かせるものではない。

 

次は、セシウム137に行こう。少し難しくなるが、これも九九ができれば十分である。

 

脱原発のすすめ I-131 Cs-137 Cs-134 セシウム134と137の放射能比

Top