問い合わせ先:mahlergstav@gmail.com

 


脱原発のすすめ(無理とは思うが)

 

これを見た人は、オーディオと原発に何の関係があるかと思うかもしれない。福島第一事故にからむ報道や著述には、単なる憶測や想像が多すぎて、オーディオ界と似た状況になっているからである。実は、オーディオの世界も単なる憶測や想像が一人歩きして、科学的にはとても信じられないものも横行している。

 

しかし、オーディオは一種の娯楽なので、非科学的であっても、これも一つの楽しみ方としては結構なことである。ただ、非科学的な根拠を元に、異常な高額で、半ば強制的に購入させるようなことは、霊感商法のようなものなので、オーディオ業界とは全く別次元な問題である。そこそこの価格で、他者との差異化をはかるだけのことなら、その非科学性をあげつらうことはヤボだ。またあげつらうヤボな連中もいる。こんな非科学的な言説を流布すると、日本人の知的水準が低下するので許せないならしい。これもチクっと言うくらいなら結構であるが、しつこくなりすぎると野暮につきる。それはそれでまた一つの娯楽となっているのではあるが。オーディオ業界の懐の広さは、ヤボな連中を軽く受け流してしまうところである。

 

ところが福島第一事故に関する論調を聞いていると、オーディオ業界で横行している「良い意味」での奇説・妄説が、オーディオ業界と同じノリで流布されているように感じる。これも平常時であれば、面白いがバカなことを考えるね、で済む話であるが、実際に避難を余儀なくされている方々や、福島第一原発で作業されている方々のことを思うと、悪ノリもいいかげんにして欲しいと思う。

 

その筆頭が再臨界騒ぎであるが、それを通り越して、核爆発説まで飛び出すのは、悪ノリも度を越している。せいぜい、3.5%程度の濃縮度のウラン・プルトニウム燃料で、どうしたら核爆発が起こせるのか、フェルミやオッペンハイマーも目を回すだろう。一番、腰を抜かすのは今は亡き、金正日大将軍閣下であろう。こんなに簡単に、核爆発をおこせるのであれば、北朝鮮の核開発関係者は全員銃殺である。

 

再臨界は、全くおこりえないことではないので、それだけにタチが悪いと言える。臨界ばかりではなく、低放射能被曝にしても、眉に唾付けたくなる話が横行している。政府やマスコミも、むしろ助長しているかのようにも感じる。エセ反原発派は、原子力村とか揶揄するが、いずれも双子の兄弟のようなものだ。

 

原子力というと、非常に難解で人類に制御できない悪魔の技術と買い被っている人も多いようだが、意外とシンプルなものである。これらの買い被りが、妄説の横行を許しているのであろう。こんな状況では、とても原発など使えるものではない。原発も使えないような低レベルな状況では、原発よりももっと複雑な合意形成を必要とする再生可能エネルギーなど使えるはずもない。発送電分離など気安く言う。原発は九九ができればなんとかなるであろうが、複素数が必須で原発よりもはるかに難しい系統制御技術が不可欠で再生可能エネルギーよりも高度な合意形成が必要な発送電分離などできるはずもない。

 

最近、苦し紛れの量的緩和で、せいぜい日経平均1万円程度の「株価高騰」を招いているが、ファンダメンタルの伴わない株価高騰は、バブルである。まもなく裁定取引による荒療治が待っている。せめて、早々に原発を再稼動して電力不足の懸念でも除いておかないと、セシウムなど霞んでしまうような害がおこる。

 

AIJの年金喪失。騙す気はなかったと言うが、虚偽の報告書を作成した時点で騙しているのに不思議なことを言う。消費税増税、現状をみるかぎり仕方がないとは思うが、果断な決断を自慢しているようだ。しかし、よく考えて欲しい。国の赤字(借金)が大問題というが、借金は、そのものが悪いわけではない。抜群の能力があって23倍にして返してくれるのであれば、借金は多いほうがよい。返済する能力がないのに借金するのが悪いのである。

 

返済が難しいから増税するというのであれば、返済する能力が無いと公言しているようなもので、けっして自慢できるものではないと思う。己の能力を正確に把握して、できないことは諦めて堅実になることは大事ではあるが、増税しなくても済むほどの能力がなければ、増税しても上手くいかないのではないか。

 

逆に、それだけの能力があれば、増税してもしなくてもどちらでもよいのである。国債増発(借金上積)でも増税でもどちらでもよいが、増税の方が効果が大きくリスクも少ないから増税するというスタンスが必要なのだが。

 

たとえ話をする。国債増発は限界だから増税というのは、ろくでなしの身内が、サラ金も銀行も相手にしてくれないから身内で工面して欲しいと言うようなものだ。見栄も外聞も棄てて、身内に正直に告白するのは感心ではあるが、だから工面してやろうと簡単にはなるまい。やれ生活を簡素にしろ、飲み会は止めろ、パチンコは止めろ、と散々説教される。逆に、サラ金がいくらでも工面してやると言ってくるがどうだろうと相談されたら、止めとけ俺たちで何とかしよう。その代わり飲み会やパチンコはほどほどにね、と優しくさとしてくれる。

 

全般的に能力不足でありながら、それを自覚できない状況で、原発を使えるとは思えない。原発も使えないレベルでは、原発を代替するエネルギー源など望むべくも無い。そうはいっても、原発を使うレベルにないかぎり、脱原発は当然であろう。そうすると、幸福度世界一のブータンを目指すのだろうか。これは、もっと難しそうな気がする。大体、原発がイヤだからブータンを目指すなど、ブータンに対して失礼極まりない。

 

 

Top