問い合わせ先:mahlergstav@gmail.com              20176月作成


 

よろず屋さん

 

昭和39年当時のよろず屋さんではないかと思われる店舗が、今でも健在である。北寺尾町890番近辺の写真を下に示す。

 

 

寺尾道のさらなる分岐点の手前に「よろず屋」風の店舗がある。現在では、閉店するのかリニューアルするのか分からないが、シャッターが下りている。2017年の四月頃までは、看板もかかっていたので、ストリートビユーで確認してみた。

 

 

アイマートヒロセという看板が掛かっていて、シャッターが上がっている写真が残っていた。

 

 

「よろず屋」とはいかなるものか、若い人たちには想像もつかないだろう。「よろず屋」は、ジブリ映画の「隣のトトロ」にも出てくるが、美化されデフォルメされているから信用してはいけない。

 

 

店舗に立ち入って中の写真も撮りたいくらいだが、今となってはもう遅い。入口を見ただけでも、新聞、雑誌、タバコ、酒。立ち飲みでもしていたのか、酒のつまみになりそうな缶詰等がかすかに見える。コンビニほど洗練はされていないが、何でもありの雑多な雰囲気は、まさによろず屋である。北寺尾十三塚は、「よろず屋」の下に眠っているのであろう。

 

 

アイマートヒロセが昭和39年当時の「よろず屋」である確証はとれていない。この丘を下った北寺尾7丁目16番地あたりには、今は、民家と駐車場になっている北寺尾ストアー、アタラシアストアという2つの店舗が遅くとも昭和49年からあったので、これらの前身が「よろず屋」であったかもしれない。

 

 

「地元の人々」上遠牡丹園 へ

 

 

北寺尾十三塚の今地主の金井氏よろず屋さん

「地元の人々」上遠牡丹園「地元の人々」渋沢金井公園→→鶴見区近郊の塚

Top