問い合わせ先:mahlergstav@gmail.com         20176月作成


 

港北区富士塚2-19(トップヒル富士塚)

 

 

 

 

昭和4年の三千分の一地図を見ると、現在の港北区富士塚2-19のトップヒル富士塚というアパートに大きな塚があったことがわかる。

 

 

 

現地を見ると、土台部分は大きな塚の裾野部分の面影を残している。

 

 

ここも眺めが素晴らしい。そのためか戦時中の高射砲陣地構築のために、多くは破壊されたようである。今は、住宅が立て込んでいるのでわからないが、昔は、周囲が一望の基に見渡せたであろう。この塚は、地名の富士塚の由来になった塚にふさわしいとは言える。

 

 

横浜市港北図書館で閲覧できた「港北百話」の202頁に、

富士塚の地名の由来になっている塚は、現在の富士塚二丁目、小恵幼稚園上の高台に、富士浅間神社という小さな社とその脇の大きな松の木の下に、富士塚と呼んだ大きな塚があった。それが大正初期に神社の合併があって、この社はなくなり、その後塚も松の木も宅地化の波に流されて、いつしか無くなり、今は、その跡さえない。

 

という記事がある。ここで、小恵幼稚園とは、港北区富士塚1丁目1428石井診療内科の道路隔てた北側にあったらしい。この記事に従えば、トップヒル富士塚にあった塚が富士塚という地名の由来になった塚と思われる。

 

 

新編武蔵風土記稿には、「大塚」と「與五郎塚」の2つの塚が紹介されている。ここでは、港北区富士塚1-26の塚を「大塚」と仮定して話を進める。そうすると、「與五郎塚」がトップヒル富士塚にあった塚と考えることができる。

 

 

新編武蔵風土記稿には、

與五郎塚

大塚ノアタリニアリ 故老ノモノカタリニ ココハ往昔村民与重郎ト云者ノ入定セシ所ト云ヘリ

 

 

と記載されているが、「大塚ノアタリニアリ」の記述で「アタリ」とはどのあたりの範囲を示すかで変わってくるだろう。これらの塚は、直線距離にして約650m離れている。この距離は「アタリ」と言えるのか。それから、「大塚」は新編武蔵風土記稿では、

 

 

大塚 村ノ東畑ノ中ニアリ

 

 

とある。東ならば、港北区富士塚1-26よりも富士塚2-19(トップヒル富士塚)がより東であるから、トップヒル富士塚にあった塚が「大塚」であった可能性も残される。650mアタリと言えるのであれば、港北区富士塚1-26の塚が「與五郎塚」と考えることもできる。

 

 

もしかすると、トップヒル富士塚の塚は、新編武蔵風土記稿が編纂された文化文政期には存在せず、江戸末か明治初期に作られた可能性もある。

 

 

「大塚」については、港北区富士塚1-26の塚が「大塚」という証言があるかぎり、まずはそれを優先せざるを得ない。

 

 

 

この写真では、コンクリートブロックが目立つが、基壇は大谷石で固められている。なんとなく、明治期あたりに新設されたか拡張された感じもある。

 

 

なかなかすっきりした結論が出ない。このあたりには、似たような塚が富士塚として多数あったのではなかろうか。この塚は、富士塚の一つであっても唯一無二の物ではなかったのであろう。

 

 

戻る

 

Top