問い合わせ先:mahlergstav@gmail.com         20176月作成

 

港北区菊名3-19(菊名老人センター前)

 

 

 

 

JR横浜線と綱島街道が交差する所に、寺尾隧道がある。寺尾隧道近辺には大規模マンションが複数あり、一つは老人センターとなっていて、同名のバス停留所がある。菊名駅方面のバス停留所付近に大きな塚があった。綱島街道を挟んだマンション、イニシア菊名桜山公園の下にも塚があった。

 

 

 

 

バス停から、富士塚2-19(トップヒル富士塚)と富士塚1-26(大塚)方向は、マートルコート菊名と菊名保育園の影になり、直接眺めることはできないので、この写真の背後にある駐車場の脇から写真を撮った。

 

 

 

 

 

 

富士塚1-26(大塚)傍の大きな欅が写っている。富士塚2-19(トップヒル富士塚)も写っているはずであるが、民家が立て込んでいて判別できない。

 

 

 

 

これらの富士塚跡を結んだ直線上には、クレベール菊名、MAC菊名ホームズという2つのマンションが位置することがわかる。

 

 

 

 

駐車場から撮った写真を詳細に検討すると、MAC菊名ホームスとクレベール菊名が写っていることがわかった。従って、港北区菊名3-19(菊名老人センター前)、富士塚2-19(トップヒル富士塚)、富士塚1-26(大塚)は、直線上にのることが地図の上からばかりでなく、目視で確認できた。冬場の空気が澄んだ快晴の日には、「大塚の大欅」あたりに富士山が見えるはずである。

 

 

鶴見神社方向の眺めは、マンション群の影になるので、「老人センター前バス停」からは撮影できない。近傍かつ眺望が開けている寺尾隧道上から鶴見駅方面を撮影した写真を示す。ここも見晴らしが良い台地である。

 

 

 

 

地図中の墓地が写真に写っている。この裏側、写真の緑屋根の家屋の裏側が建功寺になる。

 

 

 

 

 

鶴見神社方面の写真では、右側の大きな木の下が寺尾城碑である。その左側には総持寺の屋根が微かに写っている。さらに左の白い〇で囲った部分が、鶴見神社方向にあたる臨港バス殿山バス停あたりになる。

 

 

 

戻る

 

Top