スペクトル

 

この音を聞いてほしい。傷から生じるパチというクラックルノイズである。

 

クラックルノイズ  

 

この波形を下に示す。

 

 

鋭いピーク状の波形となる。次にこの音を聞いてほしい。クラックルノイズと似た音に聞こえると思う。

 

疑似クラックルノイズ

 

波形は下である。

 

 

この波形は、振動数が1Hz、2Hz,Hz,・・・20Hzまでの振幅が等しい正弦波を加算したものである。

 

 

スペクトルは下のようなイメージになる。時間的にパルス状の信号のスペクトルは、幅広い周波数(振動数)領域に均等に広がった分布になる。

 

 

DigionSoundで周波数分析すると以下のようになる。

 

 

 

 

本物のクラックルノイズは、成分としては小さいが、周波数の大きい成分が合成されていて、その成分が100Hz以上のフラットな成分になっていると考えられる。